企業のユニフォームは、みんなで同じデザインで統一することによって一丸となって仕事に取り組むことができるというメリットがあります。また、スタッフにとっては仕事に着ていく服を毎日迷うことがなくなり、個性によって服装が乱れてしまうことを防ぐことにも役立ってきます。これから新しくユニフォームを取り入れたいと考えている企業であったり、昔からの古いデザインのユニフォームを一新したいと考えている時には、デザイン性と機能性の両面を重視して選んでみるといいでしょう。デザイン性では、個性的すぎることになると中には似合わずに違和感が出てしまう人が出る可能性もあるので、基本的にはシンプルなデザインが向いています。

そこに、ちょっとしたアクセントとなるデザインが含まれていると、企業の個性にもつなげることができます。事務服にも企業カラーを取り入れてみると、わが社らしさを出すことができますが、赤やオレンジなど派手な色味であればパイピングやボタンなどのちょっとした部分に取り入れてみると自然に見せることができます。受付事務のスタッフは、その企業を訪れたお客さんが初めて接する人ともなるので、事務服であっても企業の第一印象を決めることになってしまいます。清潔感や信頼できる上質なデザインが求められますが、着用するスタッフが動きやすく使い勝手が良い機能性も重視して選ぶ必要があります。

生地においても、ストレッチ素材であったり自宅での洗濯が可能であれば、個人で管理してもらうにも役立ちます。山口駅で洋服お直しのことならこちら