インプラント治療のメリットと長持ちさせるための心得

インプラント治療は主に人工の歯を固定させるための処置を指します。加齢や病気などで歯が喪失した部分に固定用の金具を埋め込み、人工の歯を装着することで噛み合わせや発音を矯正する効果があります。また、質感が本物の歯と殆ど変らないので、口周りの雰囲気を自然な状態に保つことが可能です。

インプラント治療は入れ歯と比較して安定性に富んでいる反面、事前の処置や治療後の検査などを入念に行う必要がある点を注意します。


固定用の金具を顎の骨に埋め込む必要があるので、場合によっては大掛かりな手術を行うことがあります。

話題の最新教えてgoo情報はこちらです。

治療中は口腔ケアや食事制限などの制約が生じるので、必ず事前に詳細を確認するように心がけます。


また、人工の歯を被せた後も微調整を行うために複数回の検査が必要になります。



時間がかかる行為なのでスケジュール調整が不可欠な他、インプラント治療は医療保険の対象にならないので費用は全額が自己負担になる点を注意する必要があります。

インプラントに用いる金具は防錆処理が施されているので劣化しにくい造りになっていますが、体調不良による口内環境の悪化によって歯周病などの疾患が生じることがあります。

歯茎が弱ると金具が不安定になり、状態が悪化すると人工の歯が抜け落ちてしまう可能性があります。

また、歯磨きを怠ると変色して見栄えが悪くなることがあるので、インプラント治療を終えた後でも口内の健康状態には気を配ることが大切です。

お手軽さが魅力の渋谷のインプラントはとにかくお勧めです。