オーダーシャツを作る場合に拘りたい点は、生地とシャツのディテールです。オーダーシャツは身体にフィットしたシャツを手に入れられることがメリットですが、サイズに関してはある程度は採寸スタッフに任せていれば身体に合ったシャツが出来上がります。しかしシャツの生地やデザインに関しては、自ら決める必要があります。初めてオーダーシャツを作られる方は、生地の種類の多さに驚かれる方が多いです。

種類が多過ぎて逆に決められないほど、多種多様な生地が用意されています。全く同じように見える生地でも糸の細さが違うなど、数多くの生地があっても二つとして同じ生地は有りません。その為、ある程度は事前に好みの生地を考えておく方が無難です。また生地と同様にデザインも自分の好み通りにすることが可能です。

シャツは然程デザイン性が無いと思われるかもしれませんが、様々な特徴があります。まず代表的なパーツとしては、襟型が挙げられます。一般的にはレギュラーカラー、ワイドカラー、ボタンダウンなどが有名ですが、その他にもタブカラーやピンホールカラーなど普段あまり見る機会の無い襟型もあります。またカフスのデザインや前立ての有無、ポケットやダーツの有無など拘る点は沢山あります。

欲しいシャツが明確に決まっている場合は良いですが、そうでない場合は事前にある程度イメージを作っておくことが必要です。中々その場で一から作り上げていくことは難しいです。雑誌を参考にするなどしておいた方が、落ち着いてオーダーすることが出来ます。