「洋服お直し」というジャンルは、利用する方は頻繁に利用しますが、使ったことのない方は一度もないというほど使用頻度がはっきりと分かれるお店です。洋服お直しを利用するという方は、スーツの丈や裾づめと言った簡単な直しから、壊れてしまった鞄のお直しまで幅広く利用しています。一方で利用しないという方は、もともと安価で買った服をわざわざお直しにまで出して着ることに意義が見いだせないのかもしれません。そして10年前に比べて、日本人が所持している洋服の量は3倍になっているというデータもあります。

価格破壊が要因で10年前よりも「衣装持ち」になっているのです。こうまで服が増えたのなら、新しいものを買うよりもすでにタンスの中にある洋服をいかに上手に有効活用するか、が求められています。そう考えると「洋服お直し」はあらゆる意味で現代に必要とされているものではないでしょうか。また循環型社会というSDGsが叫ばれている世の中で、一枚の服を長く着ることは結果的に環境保護の一助ともなるはずです。

そこで興味を惹かれた方はぜひ洋服お直し店を利用されてはいかがでしょうか。お直し店はどこにあるのかと不思議に思う方もいるかもしれませんが、大抵は百貨店の中に入っています。例を挙げると、広島の胡町にも洋服お直し店はあり、胡町で利用するのなら県庁前駅近くにある百貨店のお直し店がおすすめです。どこの地方にもお直し店はあり、胡町はその代表とも言えます。

利用されてはいかがでしょうか。